銀行のカードローンは低金利?

銀行系カードローンについて

低金利の代名詞である銀行系のカードローンですが、では実際どれほど金利が安いのでしょうか。銀行系カードローンというとどうしても金利が安い分審査が厳しいというイメージをお持ちの方が多いようですが実際のところどうなのでしょうか。まず、銀行系カードローンの最大の特徴と言えば、やはり「総量規制」の対象ではないということです。

 

総量規制とは消費者金融系カードローンにおいて、年収の1/3までしか借り入れが出来ないというルールですが、これにより年収に対しての借り入れ限度額が決められてしまう他、収入の無い方は借り入れが出来ないという決まりになります。銀行系カードローンはこの対象外の為、収入が無い方でも借り入れが出来るという利点があります。但し、審査は消費者金融系カードローンよりも厳しいと言われておりますので無収入の方なら誰でも借りれるという訳ではありませんのでご注意下さい。

 

では、本題である銀行系カードローンの金利について見て参りましょう。
ここでは特定のキャッシング会社の金利ではなく平均的な数字をもとに検証して参ります。

 

まず消費者金融系カードローンの金利はだいたいの数字が4.8%?18%となっており、銀行系カードローンの場合は4.6%〜14.6%くらいとなっています。金利の差は小さな金額を借りた際に顕著に表れていることが分かると思います。逆にまとまった大きな金額を借りた場合はそれほど差が無いことがお分かり頂けるのではないでしょうか。しかし、カードローンの利用者に最も多いのが小額の借り入れをする場合ですので、やはり銀行系カードローンの方が金利的に優遇されていると考えるべきと言えると思います。

 

一部のネット情報では銀行系カードローンの審査は甘いなどと書かれているものもありましたが、金利は安い、総量規制の対象外ということを考えても銀行系カードローンの方が審査が厳しいものになると考える方が無難と言えると思います。銀行系カードローンの審査を受ける場合の注意点としてですが、多くの消費者金融の保証会社となっているのが銀行になっているので、消費者金融で返済遅れの実績があったり、債務整理などを行っている場合はその情報が銀行にも伝わっているので審査は厳しいものになると思って下さい。これまでにそういった金融事故を起こしていなければ、いくら厳しいと言われる銀行系カードローンも決して通らないものではないということも付け加えておきます。

 

もう一点、カードローンを利用する際のアドバイスとしては、すぐに返済するというご予定であれば金利の差はそれほど大きな影響を及ぼさないという点もあります。金利は返済期間を延ばせば延ばすほど大きくなるものであり、すぐに返済するものであればさほど大きな金額にはなりません。ですので、借りてすぐに返済するという方であれば銀行や消費者金融にこだわる必要がないということもお伝えしておきます。

 

すぐに返済をするという方は、当サイトにておすすめの消費者金融をご紹介しておりますのでそちらもご参考頂ければと思います。

 

低金利ローン審査【おすすめの銀行・消費者金融カードローン】トップページに戻る