早期返済して利息を圧縮

早期返済で利息を圧縮すること

利息というものはなるべく払いたくないものです。

 

しかし、お金を借りることになる以上は、利息と元本の支払いからは逃れられませんよね。

 

元本の返済は当然のこととして、利息を支払いをできるだけ安く抑えるためにはどうしたら良いでしょうか。

 

キャッシングの利息は利率によって決定されることになります。

 

利率が低ければ支払うことになる利息も少なくて済むんです。

 

それに加えて、利息の額というのは、どれだけの期間をかけてキャッシングしたお金を返済していくかにも大きく左右されることになります。

 

なので、今回の記事では、『どれだけの期間をかけて利息と元金を返済していくか』について焦点を当てて解説していくことにしましょうか。

 

キャッシング金利15%で1万円借りた場合の返済例

まずは、キャッシングの返済利息を具体的な例をあげて説明しましょうか。

 

たとえばの話、キャッシングの利率が15%の金融機関で1万円を借りたとしましょうか。

 

それを30日かけて全額返済したならば、利息計算は、借りたお金(1万円)に利率である15%をかけて、それに30日もかけて、365日で割れば良いという計算になります。

 

つまり、

10000円×0.15×30日÷365日=123円

上のような計算式となるわけです。

 

これが、30日よりも更に早期で返済できたならば、30日のところにもっと少ない数字が入るため、算出される利息は123円よりも少ない利息となります。

 

SIMガール

 

利息は日割り計算、早めの全額返済が大切

上述のように、キャッシングの利息は日割り計算となるため、借りたお金を早期に返済することが支払うことになる利息の圧縮への近道となります。

 

また、この日割り計算によって利息が発生する流れから考えれば、お金を借りてキャッシングをしたその日に利息を全額返済して
しまえば、利息は圧縮どころか発生しないということになるんですよね。

 

もし、お金を借りたならば、できるだけ利息を圧縮するために、できるだけ早期の返済を狙いましょう。

 

たとえば、給料日付近でお金を借りて、給料が入ったと同時に借りたお金を全額一括返済をしてしまう、ということをすれば、利息
はほとんど発生しないということになりますよね。

 

それが難しいという場合も、返済を最優先にしてお金を使っていけば、ベターな返済ができるでしょう。

 

そして、キャッシングをするときは、確かに早期返済で利息をなるべく圧縮するのはもちろんのこと、やはり、できるだけ利率が低い金融機関を探して、そこからお金を借りるということが大切になるでしょう。

 

金利が低い金融機関としては、銀行のカードローンが最もおすすめですが、最近では、消費者金融も無利息キャッシングというサービスがあります。

 

早期返済をする予定があるのなら、消費者金融でキャッシングをするのも賢い選択と言えるでしょう。

 

低金利ローン審査【おすすめの銀行・消費者金融カードローン】トップページに戻る