低金利でお金を借りるために

低金利でお金を借りる前に注意すべきこと

お金を借りる時にまず注意すべきことは金利がどのくらいになるかという点だと思います。低金利ローンの比較サイトや、消費者金融などがいくつか掲載されているサイトなどに目を通すときに金利のところに目が行ってしまいますよね。その行動は間違っていませんし、まずは金利を確認するところからローンの利用は始まります。

 

まず、金利を語る上で注意点が一つあります。それは、同じカードローンやキャッシングといえど銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとでは金利の設定が全然違うということです。金利の設定が違うとはどういうことかと言いますと、銀行系カードローンは審査を厳しくしている代わりに金利が安くなっており、消費者金融系カードローンでは銀行系カードローンに比べて審査が甘い代わりに金利を高く設定しているという点です。

 

簡潔にまとめると以下のようになります。

 

・銀行系カードローン…審査が厳しい/金利が安い
・消費者金融系カードローン…審査が甘い/金利が高い

 

どちらのカードローンを利用するかはご利用者様次第ではありますが、まずは審査を行う上で審査に通るかどうかを考えることが必要だと思います。大抵のカードローンの審査で行っている審査のうち、特に重要視されるのが以下の項目となります。

 

・年収
・勤続年数
・住まい(自宅か賃貸か)
・住まいの居住年数
・固定電話を持っているか
・他社に借入がないか

 

審査が厳しいということは、それだけそれぞれの項目の数字が高かったり、長かったりする必要があるということです。例えば年収であれば低いよりも高い方がいいですし、勤続年数であれば短いよりも長い方がいいということになります。これらの項目の数字においてご自身で時分の審査を一度してみて下さい。その上で、審査が厳しい銀行系カードローンの審査に通ると思われるのであれば銀行系カードローンを、ちょっと厳しいかもしれないと感じるのであれば消費者金融系カードローンのお申込みをされることをお勧め致します。

 

但し、ここで一つ注意点があります。

 

ここで誰もが思うことは、金利の安い銀行系カードローンを利用したいということです。そこでお申込みをされる際にそれぞれの審査項目の数字を本当の数字よりも高く、または長く設定し審査に通す…即ち虚偽の申告を行うことは絶対にしてはいけないということです。カードローンは無担保でお金を借りることが出来る特質なサービスです。それは信用情報で成り立っているものですので、仮に虚偽の申告をしてしまうと信用情報に傷を付けてしまうことになってしまいます。最初は審査に通ったとしても、後で虚偽の申告ということがバレてしまい契約が破棄になってしまう場合もありますので、お申込みの際は正しい数字を申告するようにしましょう。

 

低金利ローン審査【おすすめの銀行・消費者金融カードローン】トップページに戻る